スポンサードリンク

青少年アシベ(漫画家)笑平のプロフィールは?wiki風や顔画像に内容も

こんにちはかろかろです(^◇^)   シーツを洗って干して、仕事~。お昼は昨日の晩ごはんで余った牛肉で一から作る簡単カレ~。 98円で5本入りの激安...

こんにちはかろかろです(^◇^)

 

シーツを洗って干して、仕事~。お昼は昨日の晩ごはんで余った牛肉で一から作る簡単カレ~。

98円で5本入りの激安ロングパンをお供に食べたんですが、このパン美味しい。

もちろんカレーも美味しい。ちょっと辛いけどw

トマトとキャベツと玉ねぎが跡形もない野菜スープに、牛乳とカレー粉を入れただけ。

これで家にある材料はソーセージ、チーズ、コーン缶、ツナ缶、牛乳、卵、冷凍ごはん、冷凍豚肉、パン。

…完全なる野菜不足wそして強制洋風メニュー待ったなし。笑

 

なんか新しい情報とかないかな~とネットをあさっていたら、なんと『少年アシベ』が

青年アシベ』として帰ってくるというニュースが…!!

さらに驚くは作画担当は現役のBL作家さんだって…!!??

 

スポンサードリンク


 

 

しろにゃん
しろにゃんだにゃん。

アシベ、アニメ観てたのにゃん。年齢的に初期のアニメの方で再放送枠だにゃん。

最近なぜか「ゴマちゃん」の一番くじとかやってるからなんでだろにゃ?

と思っていたら、去年アニメの放送していたのにゃん。

知らなかったのにゃん…。汗


 

くろにゃんだよ。

「少年アシベ」は漫画でも全部読んだよ。

アシベくんとゴマちゃんの出会いは「え、そんな感じなの…??」って

思っちゃったけど、森下裕美先生らしいっちゃあらしいよね。笑

今回注目するのは『青年アシベ』の作画を担当する笑平先生についてだよ。

 

少年アシベ


森下裕美による日本の漫画作品、および、それを原作としたアニメ作品。

 

連載期間:1988年から1994年まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載。

単行本:全8巻。

アニメ化:1990年にOVAが製作、1991年にはテレビアニメ『少年アシベ』、1992年には『少年アシベ2』が放送。

続編:2000年から2004年にかけて、続編に当たる『COMAGOMA』(コマゴマ)が連載

2011年から2012年まで『まんがタウン』(双葉社)にて

『少年アシベセレクション』刊行に合わせた『少年アシベ』より抜き再掲がされている。

2016年より、なんと23年ぶりに新作のテレビアニメが放映されていた。

 



少年アシベ 全8巻完結セット

 

…アシベくんって集英社だったんだ…。汗

てっきりクレヨンしんちゃんと同じく、ずっと双葉社出版かと…。

なぜ途中で変えてしまったんでしょうか?

2000年代のヤングジャンプの連載枠でのイメージとは異なったせいかな…?

 

いつも思うんですが、漫画家さんって連載していた『漫画』をそのまま

他社に引っ越しさせてもOKなんですね。

「他で同じ漫画の連載禁止」の規約とかないんだなぁ…っていつも思います。

 

スポンサードリンク



 

青年アシベ

少年アシベの世界に新展開!

高校一年生に成長したアシベやスガオくん達を描いた「青少年アシベ」が

7月25日発売の月刊アクション9月号より連載開始!

今作では森下裕美は原作を担当し、作画は森下裕美自ら指名したBL作家として活躍する笑平が担当します。

ゴマちゃんはどうしてるのか。。。乞うご期待!

 


(画像:pixiv引用。笑平さんが普段描かれているイラストそのままの作画の様子。)

 

森下裕美先生自ら選んだと言われているその新しい漫画担当として抜擢されたのは

イラストや漫画の大手投稿サイト、pixiv内で人気の『笑平』さん。

 

この方の個人の作品内ではすでに「高校生になったアシベとスガオくん」を描かれており、

同じく高校生となったクレヨンしんちゃんと仲間たちも描かれています。

 

この年代の作品がお好きなんでしょうか?

もともとクレヨンしんちゃんの方の作品が多く、最近では大人気アニメとなった

「おそ松さん」も描かれています。

 

なんと商業誌にてすでにデビューされている漫画家さんのようです。

しかし、ずっと同人誌として描いてきた作品が公式になるなんて…

夢のまた夢…みたいなことが現実になるのは本当、近年のネット社会で素晴らしいと思えることですよね。

 

スポンサードリンク



 

漫画家プロフィール

名前:笑平(おそらく、しょうへい。)

連載:Canna(プランタン出版)にて「ダッチの胃は宇宙」連載中。

 

どうやらAmazonや楽天ブックスでの取り扱いはないようです…。

電子書籍としての購入になるみたいなので、

おそらく『青年アシベ』が初の単行本化になると思われます。

 


(画像:ご本人のpixivから引用。ご本人の顔、と言っていいのかな…?)

 

性別はおそらく女性、と言われているようです。

「腐女子」と呼ばれるオタクの分類の方であり、

「ダッチの胃は宇宙」もBL(ボーイズラブ)の内容となっています。

 

クセのあるちょっぴり独特なイラストタッチですが、とても上手な方なので

私もpixivの作品を昔拝見させていただいたことがあるのですが、

作品内に引き込まれる感じでした。

 

まとめ

 

しろにゃん
おそ松さんみたいな感じを狙っていると思うのにゃん。

お父さんやお母さんに…スガオくんちに勝手に住んでいたイエティは出てくるのかにゃん…?
くろにゃん
Twitterでの感想を見てみると、みんな「ゴマちゃんが成長して黒光りになっているんじゃ…」って心配していたよ。

笑平さんが描かれていた作品内ではゴマちゃん、出てこないんだよね。

今後の展開が楽しみだけど、アクション、当日売り切れの転売騒動にならなければいいけど…。

新シリーズも、笑平先生がもともと描かれていた内容が内容なだけにどうなるんだろうね。

また気になることがあれば追記していくよ。
しろにゃん
ではではにゃ~ん。


 

 

スポンサードリンク
PREV:キモい展(2017)のグッズや前売り券は?混雑状況や駐車場に感想も
NEXT:天の川イルミネーション(2017)東京タワーの時間や混雑に料金は?期間も

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です