スポンサードリンク

古田貴之の病気や結婚は?子供や奥さんも!出身大学について調査!

こんにちはかろかろです(*´▽`*)   今日はすごい一日でしたね! 震度6弱の地震が鳥取で起こり、   大阪でも結構揺れました。   突然...

こんにちはかろかろです(*´▽`*)

 

今日はすごい一日でしたね!

震度6弱の地震が鳥取で起こり、

 

大阪でも結構揺れました。

 

突然携帯から警報がなりだすし、

テレビは突然特別番組はじまるなりで、

 

久々怖い気持ちになりました(´;ω;`)ウゥゥ

 

テレビで見る感じ、

そんなひどい状況ではないようだけど・・・

 

連絡がとれないところもあるようですね。

 

スポンサードリンク


 

今後余震が続くので、

鳥取の方はきをつけてくださいねほんと!(;´・ω・)

 

地震といえば、

東日本大震災で活躍した

ロボットを開発した古田貴之さんが

土曜の番組Crossroadに出演するみたいです!

 

すごく興味がありますので、

古田貴之さんのことがどんな人でどういうことに取り組まれている方なのかなど、

調べてみたいと思います(≧▽≦)

 

 

古田貴之のプロフィール

 

20902
 

名前:古田貴之(ふるた たかゆき)

出生:1968年 東京生まれ

出身大学:青山学院大学大学

 

略歴:

1996年:青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中途退学後、同大学理工学部機械工学科助手。

2000年:博士(工学)取得。同年、(独)科学技術振興機構のロボット開発グループリーダーとしてヒューマノイドロボットの開発に従事。

2003年:6月より千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長。

 

千葉工業大学未来ロボット研究センターより抜粋

 

父親が医者である家庭で生まれ、

2歳から7歳まで幼少期をインドで過ごしたようだ。

中学生のときに脊髄の病気をして車椅子生活を送り、

「あなたは一生、車椅子だ」と医師に宣告される。

普通であればこの時点でネガティブになるものを

子供の時にちかったロボット開発者になるという夢を持っている

からこそポジティブに、車いすを足にするロボットを

開発する!という考えを子供ながらにしたという。

低確率であったが、病気を改善させ、歩くことが可能になる。

目標を見据えて、ロボット開発者となるべく

アメリカからロボット工学のすごい先生がくることを聞きつけて

青山学院大学への進学を決定。

 

ロボットの開発が始まるとほとんど寝ない生活になるという。

かつて75kgあった体重は、今や45kgになってしまったとか。。

 

リクナビより抜粋

 

たしかに写真をみると激やせしていますね。。

賞賛でしかないです。

私には絶対に真似できないです。

絶対ガンダムを作ってもらいたいものです。

 

そういえばどこかの記事で

800億円あればガンダムが作れるということが

書いていました。

でも時速8キロでしか走れないとか笑

 

戦車や飛行機よりも製作費は高いですが、

ガンダムを作る技術は古田貴之さんが言うように

大事なことだと思います。

 

多分この世界で

ガンダムを最初につくるのは古田貴之さんで

間違いないでしょう!

 

私はそう祈るばかりです。

 

 

結婚や子供について

 

周囲には愛妻家ということで有名のようです。

ご結婚はされていて、2人のお子さんもいるようです。

ロボットをつくる仕事なんて子供ながらに知った日には、

たまらないでしょうね。笑

私が子供なら超尊敬なパパです(≧▽≦)

 

まとめ

 

古田貴之さんの生き方を見ていると

すごく勉強になります。

まっすぐと目標を確実に立てていて、

それに向かって挑戦をする!

人がやっていないことをやってこそという

考え方が大好きです!

 

これを書いてまたひとつ勉強になりました!

ではでは次回(*''ω''*)

 

スポンサードリンク
PREV:銅冶英雄が金スマでひざ痛の改善法!予約や混雑状況と口コミ評価は?
NEXT:落合洋一の年収は?母の職業と叔父の秘密をナミノリジェニーで暴露!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です