スポンサードリンク

ヘッドフォン(飛行機内)が発火!メーカーや製造会社にバッテリーの画像は?

こんにちはかろかろです(^◇^)   普段音楽を聴くときは8年ほど前にプレゼントしてもらった音楽プレイヤーで聴くんですが、 その際自分で購入したヘ...

こんにちはかろかろです(^◇^)

 

普段音楽を聴くときは8年ほど前にプレゼントしてもらった音楽プレイヤーで聴くんですが、

その際自分で購入したヘッドフォンの塗装がそろそろ限界を迎えようとしている…。

まだまだ普通に綺麗な音のまま頑張ってくれているのですが、

ヘッドの部分のクッションがよく見たらハゲハゲに…。汗

イヤフォンは耳に合わず、何を試しても耳に入らないのでまた新しく買うならヘッドフォンかなぁ…

 

スポンサードリンク


 

けど壊れてもないのに新しいものを購入することに抵抗が…!!泣

どうしようかな~と思っていたところ、ふと見たニュースで

ヘッドフォンが発火する事件が起きたっていうではありませんか…!!

 

ヘッドフォン発火事件

中国から、オーストラリアへ向かう途中の国際便の機内で、

乗客が使っていた充電式のヘッドフォンが発火

使用されていた乗客が顔や手にやけどを負う事故があったようです…。

 

え、こわ…飛行機に設置していたヘッドフォン?

それとも乗客が手荷物で持ってきていたもの??

もう少し詳しくニュースを見てみましょう。

 

(以下ニュース)

以上のニュースをオーストラリア運輸安全委員会(ATSB)が

2017年の3月15日に明らかにしました。

ATSBによると、事故は北京からメルボルンへ向かう旅客機の機内。

2017年の2月19日に発生していたとのこと。

 

ATSBって?

航空輸送業安定化局のこと。

 

…すでに約1か月ほどたってますがな!!

秘密にしていたかっということでしょうか…?

 


(画像:イメージ)

 

女性乗客がヘッドフォンを着用し、音楽を聴きながら眠っていたところ、

出発から約2時間後に耳元から破裂音が聞こえ、

振り向くと顔に焼けるような痛みを感じたという。

女性は首に巻き付いたヘッドホンを振りほどいて床に投げ捨てました。

 

首に巻き付いていたヘッドフォン…。汗

爆発どうのこうのより、もともと寝ながら音楽を聴いていたら危ないですね…。

 

スポンサードリンク



 

(以下ニュース)

ヘッドホンからは火花が散り、小さな炎も見えたといいます。

女性「私が足で踏み消すと、客室乗務員が持って来たバケツの水をかけ、

機体の後部でバケツの中に入れた」と話しているそう。

 

しかしヘッドホンのバッテリーとカバー部分は溶けて床にこびりついたまま…。

機内には溶けたプラスチックと焼けた毛髪のにおいが充満し、

目的地に到着するまで、せき込んだりむせたりする乗客が絶えなかったそうです。

 

機内はパニックにならなかったのでしょうか…。汗

 

ATSBは、ヘッドホン内部のバッテリーから出火したと見て調べているようですが、

残念ながらヘッドホンやバッテリーを製造したメーカー名は明らかにしていません。

 

せめて機内持ち込みか否かくらい教えてくれてもいいんじゃない…?

あと、航空会社も…。

数ヶ月後に飛行機に乗る身としては怖いんですが…

まぁ普段から飛行機のヘッドフォンは耳が痛くて使用したことはほぼないですが…。

 

まとめ

有名某スレッドで『どうせSONYだろ』といったコメントを見かけましたが、

機内用のヘッドフォンなら違うと思いますが…。

ちなみに私が8年使用している音楽プレーヤーはSONY製品ですが普通に良い品ですよ。

一刻も早く発火原因を明らかにしてほしいですね…。

ではでは。

スポンサードリンク
PREV:臭くない正露丸クイックCの値段は?従来品との違いや効能に通販も
NEXT:ハーゲンダッツのほうじ茶!味や販売期間は?感想に評判やカロリーも

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です