スポンサードリンク

クイーンエリザベス(広島寄港)の麻薬取締犬の犬種は?画像や名前も

こんにちはかろかろです(^◇^)   昨日から喉と膝が、そして今日はさらに左の歯?が痛い…!! 喉は風邪、膝はおそらく筋肉痛、歯は多分喉ががっさが...

こんにちはかろかろです(^◇^)

 

昨日から喉と膝が、そして今日はさらに左の歯?が痛い…!!

喉は風邪、膝はおそらく筋肉痛、歯は多分喉ががっさがさなので抜歯の跡が響いているのかと…。泣

もうすぐフェリーに乗って長旅に出かけるんですが、この体調不良は果たして治るのか…。

 

船といえば、なにやら海外からやってきた船の船内から麻薬が見つかったそうですね…!!

 

スポンサードリンク


 

豪華客船で大麻所持

広島港に18日寄港した、イギリスの豪華客船クイーンエリザベス号。

その客として乗っていたアメリカ国籍の男が大麻を密輸しようとしたとして

大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

 

逮捕されたのはアメリカ国籍の、リチャード・ジェイ・ステイン容疑者(63歳)。

広島海上保安部の調べによるとステイン容疑者は18日の朝、

広島港に到着したイギリスの豪華客船「クイーン・エリザベス」の乗客でしたが、

日本に密輸する目的で乾燥大麻およそ130グラム

船内の自分が宿泊していた部屋に隠し持っていた大麻取締法違反の疑いが持たれているようです。

 


(画像:クイーン・エリザベス)

 

なんとステイン容疑者、当時奥さん(妻)と一緒に乗船していたようです。

奥さんは大麻について知っていたのでしょうか…?

 

船の寄港を受け、税関の職員が違法な薬物などがないか船内を調べていたところ、

麻薬取締犬がステイン容疑者の部屋の荷物に反応。

さらに詳しく調べたところ部屋の金庫から大麻が見つかったということです。

 

広島海上保安部の調べに対し、ステイン容疑者は大麻は自分のものと認める一方、

所持の目的については供述していないということ。

(一部抜粋:ソース元 広島NEWSWEB)

麻薬取締犬の犬種は?

一般的に多く麻薬取締犬として働いている犬種の多くは

ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパードのようです。

 


(画像:ジャーマン・シェパード)

 

警察犬、といえばシェパードのイメージが強いんですが、

この広島で活躍したわんちゃんの所属はどこだったんでしょうか?

広島の税関、とあるのでおそらく日本の警察犬ですよね。

 

スポンサードリンク



 

今回はステイン容疑者の部屋の荷物、さらに金庫から匂いを辿ったようですが、

こういった寄港(航海の途中で船が港に寄ること。)をする場合って大変なんですね…。

事前に船には検査をするって税関からお達しがありますよね?

乗客にはやはり抜き打ち検査だったということでしょうか。

 

あと、こういった寄港をした時、乗客がどこかへ行ってしまい行方不明…

なんてことにはならないのでしょうか?

降りれないようになっているのかな??

 

所有目的を言っていないようなので、まだこの事件は続くかと思いますが、

ステイン容疑者は一体何のために大麻を持ち込んでいたのでしょうか…。

船に持ち込むのは初めてだったのか?

う~ん、謎。汗

 

まとめ

麻薬取締犬のお手柄でしたね。

またなにか判明次第追記したいと思います。

ではでは(^^)/

スポンサードリンク
PREV:人工肉の味の感想は?値段や栄養とカロリーに調理方法や賞味消費期限も
NEXT:北朝鮮の新型エンジン実験の内容は?科学者の画像やミサイルの影響は

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です