アブラハムポアンシュバル(岩生活)のwiki風経歴や彼女や奥さんは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんにちはかろかろです(^◇^)

 

今日は親知らずの抜歯があったので、仕事が終わればおとなしくお家でゴロゴロ…。

レシピ本でも読みつつ、元気になったらいろいろあれこれ作ろうと思っていますw

 

おとなしくといえば、皆さんはどれくらいの時間その場でジッとしていられますか?

大人は結構な時間おとなしくはしていられますが、完全に動かないって

結構難しいですよね…海外ではなんと岩の中で動かない生活をパフォーマンスとして行った

方がいらっしゃるそうです…!!

 

スポンサードリンク


 

岩の中って?

洞穴のような感じの岩に住んだのかな~と思っていたら、

必要最低限にだけ動ける人型にくり抜いた岩の中で生活する、といった

特殊すぎるパフォーマンスでした。汗

 


(くり抜いたオブジェにすっぽりと収まるアブラハムポアンシュバルさん。)

 

岩の内部は特殊な構造になっており、

ポアンシュバルさんが座れる大きさの穴がくり抜かれています。

ずっと同じ姿勢で座っているってことですよね?エコノミー症候群になりそう…。

 

エコノミー症候群とは

長時間同じ体制で座り続けることによっておこる、

静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)のこと。

 

その内部には飲料水やスープ、乾燥肉などの生活物資を置いておくためのくぼみも設けられている。

フランスの首都パリ(Paris)の美術館「パレ・ド・トーキョー(Palais de Tokyo)」で

行われたこのパフォーマンスは人々の関心を集め、

赤外線カメラによる内部映像を見るために大勢のお客さんが美術館に足を運んだそうです。

 

スポンサードリンク



 

え、いわゆる排泄物…トイレってどうしていたんだろう?

もしかしてお風呂(海外はシャワー?)も浴びていなかったのかなぁ…。

 

プロフィールは?

アブラハム・ポアンシュバルさんのWikipediや経歴を調べてみたんですが、

フランスのアーティスト、といった情報以外見つからない…。

もっと調べたら出てくるかもしれないけれど、

おそらくすべてフランス語…。

簡単なプロフィールくらいどこかにないかなぁ。汗

 

これからの活動予定は?

今回のパフォーマンスもびっくりな内容ですが、

次回はなんと卵1ダースの上に座り、

ヒナがかえるまで数週間にわたってまるで『めんどり』のように温め続ける…

という新たなパフォーマンスに臨む予定なんだそう。

 


(画像:めんどり、温める位置がずれているような…。笑)

 

え、卵の上って直接…?

潰れちゃう(割れちゃう)んじゃ…?

特殊な装置などを使用して行うのかな。

またこちらの情報も公開され次第アップしたいと思います。

 

まとめ

海外には私たちが知らないアーティストたちがまだまだいっぱい…。

プロフィールが日本語で公表され次第追記したいと思います。

ではでは(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿